借金は決して自分のお金ではない事を理解して借りる

借金という行為そのものは決して悪いものではありません。住宅ローンや自動車ローンといった各種ローンや、クレジットカードでの支払いも借金です。

 

「借金」という言葉の響きがどこかネガティブな印象を与えてしまうため、「借金=悪」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、前途のようにクレジットカードやローンも広義では借金です。

 

決して悪いものではないのですが、一方では計画性がない借金を繰り返している人が多いのも事実です。
特にキャッシングです。コンビニのATMでも簡単に借り入れ出来るキャッシングの普及は、借金のハードルを一気に下げました。まるで自分のお金のようにキャッシング出来るのですが、この感覚こそ、借金の大きな問題点なのです。

 

・あくまでも「借りるお金」です

あまりにも簡単にキャッシングが可能な時代ですので、キャッシングに対して抵抗感がない人も多いのではないでしょうか。キャッシングそのものは悪いサービスではありません。

 

 

上手く活用することで現金を調達出来る素晴らしいサービスなのですが、一方であまりにも簡単にお金を借りることが出来てしまうため、無計画に借りる人が多いのです。
 
キャッシングには利用限度枠が設けられています。申し込みや経済力等によって利用限度枠は人それぞれですが、利用限度枠はあくまでも「借りれる限界」なのですが、利用限度枠を「使えるお金の限界」と錯覚してしまっている人も多いのです。
 
このような考えの人ほど借金で苦しむ傾向にあると言われています。

 

 

キャッシングで借りたお金は、当たり前ですがいずれ返済しなければなりません。返済方法は様々ですが、どれだけ長期間借りても決して自分のお金にはなりません。

 

 

・返済方法をイメージ出来るのか

キャッシングはお金を借りる行為です。いずれは返済しなければなりませんが、返済のイメージが出来ているのか否かはとても大切です。
例えば10万円をリボ払いで借りるとします。月々の返済が3,000円だとすると、「一か月の負担はあまり増えないから大丈夫」と考えてキャッシングを行う人もいます。
確かに一か月の負担は数千円程度ですが、仮に10万円をリボ払いで、最低支払額3,000円、金利18%の所で借りたとすると完済までおよそ4年かかります。

 

 

そして利息だけでおよそ40,000円かかり、更には内訳を見ると3,000円の支払い額のうち、およそ半分が利息に回ります。
月々数千円の負担は決して大きな負担ではないかもしれませんが、果たしてそのような生活を数年間送れるのか。

 

 

確かに一度や二度数千円を支払うだけであれば大きな負担にはならないでしょう。ですが繰り返しているうちに利用限度枠が増えたり、余裕が出来た枠で更にお金を借りれば当然期間は長くなります。
返済方法をイメージ出来ていないと、その場しのぎでお金を借りてしまう傾向が強いです。

 

 

「月々の負担が低い」は魅力かもしれませんが、その負担を数年間にも渡って支払続けられるのかという点も考慮しなければならないのです。

 

 

・「いずれ余裕が出来る」は危険

「いずれ余裕が出来るから」という理由でキャッシングを行う人もいます。ボーナスが入るから、就職するから…といったように、いずれお金が入るのでそれまでの繋ぎとしてキャッシングを行う人もいます。計画性があるかもしれませんが、これも実は危険です。
なぜなら、「いずれ入る」と思っていたお金が手に入ると返済を「惜しい」と感じる人が多いのです。お金を借りる時には「いずれお金が入ったらすぐに返せる」と思っていたものの、

 

 

いざ返済予定のお金を手にしたら、新たに欲しい物が出来てしまって一括ではなく分割で…と予定を変更する。
 
借りたお金である以上、返済しなければならないのですが、返済する時には既に気持ちが変わってしまい、新たに欲しい物が出来てしまうケースもあるのです。
 
そのため、お金を借りる際、出来る限り後で入ってくる大きなお金を充てにするのではなく、自分の使えるお金で返済出来るのかを考えましょう。

 

・癖になってしまうケースも
 
あまりにも簡単にキャッシング出来てしまいますので、当初は「借りる」という行為そのものに罪悪感を覚えたり、計画的にお金を借りていたものの、次第にそのような意識が薄れていき、「借りるお金」ではなく「自分のお金」と錯覚してしまう人もいます。
 
キャッシングは一般的に10万円単位で支払額が変わりますので、支払額が変わる借り入れの際は抵抗があるものの、

 

 

一度お金を借りると特にリボ払いの場合「次は○○万円まで借りても返済額は同じだし」といった気持ちになり、限度枠目いっぱいまで利用してしまうケースも目立ちます。
繰り返しになりますが、借りた分は返済しなければなりませんし、

 

 

リボ払いや分割であれば利息も増えます。借金生活が長引くことにもなります。これらを踏まえた上でお金を借りるかを判断しましょう。

 

 

いずれにしても返済を本気でしていくなら債務整理も視野に入れる必要があるでしょう。
 
債務整理とは?

 

自己破産が一番知られていますが、個人再生など法律的にもデメリットが調和されていたり、

たくさんの特徴やメリット、制約があるのでその分も勉強しておいて損はないでしょう。

 

『お金が欲しい』人は必見!

 

 

また借金を今後する為にはお金を稼ぐ必要があり、そう考えると上記のお金の稼ぎ方、方法も知っておくと参考になると思いますよ。

 

青春18切符とその弊害とかデメリットとか

正直青春18切符を今年の夏使いまくりました。もうJRが潰れてしまうのでは無いかと心配になってしまうくらいです(JR大好きなんで潰れ無いで下さい)。

 
まず箱根に宇都宮から行くのに1度利用しました。途中から私鉄も利用しましたが、私鉄も私鉄で綺麗な列車で良かったです。その日は平日だったのでそれ程混雑して居なくて良かったです。

 

バスツアーならではの面倒さはありましたが、それなりに箱根を楽しむ事が出来ました。

 
一番弊害であるであると感じたのはUSJに行った時です。青春18切符が使える時期は夏休みシーズンなのですが、その時期はUSJも人気で人が集まる時期なため、USJのEパスも値上がりしてしまってます。

 

 

日帰りで良い方ならば新幹線または夜行バスをオフシーズンに利用してしまった方がお得な上に楽な気がします。

 
JRの列車は長距離輸送を前提としているようで、トイレが付いており、その点では安心出来ますが、乗り継ぎはかなり疲れました。Eパスの差額も考えると新幹線や夜行バスでオフシーズンを狙うのも賢いのかも知れません。

 
青春18切符も使いようによってはJRさんが潰れてしまうのでは無いかと心配になってしまう程(JRさん大好きなので潰れてしまっては困ってしまうのですが…)発売される時期がどこも混雑してしまう長期休暇シーズンですので、なかなか使いどころが難しいところです。

 

 

鈍行だけの旅はかなりしんどいので鉄道マニア専用と言った所でしょうか。快適な旅はやはり新幹線にはかなわないでしょう。

 
発売される時期と混雑シーズンが被ってしまう為に青春18切符は諸刃の剣と言えるでしょう。使い方を考えて入念に計画を立てる必要があると思いました。

 

 

お陰様で目的地に着いた頃には疲れた上にお尻が痛くなってしまいました。皆様も使用される際には時期も考慮した上で計画的な利用をオススメ致します。

オウルテックキーボード青軸は欠かせない仕事道具の1つ

私は数年前から、仕事用のキーボードにはオウルテックの青軸を使っています。

 
このキーボードのいいところは、打鍵感がサクサクしている点です。

 
従来の備え付けのキーボードよりも、軽いタッチで入力できるので全然指が疲れません。

 
以前父のPCを使って作業をしたことがありましたが、あまりにキーボードが固く3000字程度引っ切り無しにタイプしたところで指がつってしまうほどでした。

 
指のスタミナが昔よりも減ったように思いますが、それでも青軸を使っている限りは気にしなくても良い要素でしょう。

 
このキーボードは本来PCゲーのFPS用に買ったものでしたが、まさか仕事でもこれほど役立ってくれるとは思いませんでした。

 
入力する度にカチカチ音がするので人によってはうるさいと感じるでしょうが、作業スペースには私1人なので気兼ねなく音を鳴らせます。
青軸を使ってから、キーを入力することが益々楽しくなりました。

 
この感覚がクセになり、最近になって別のモデルを買ってみました。

 
同じオウルテック社製なのですが、新しいキーボードは青く光るLEDライトが搭載されています。

 
ライトをつけるとキーの印字が光るので、ちょっとしたインテリアにもなります。

 
自室で作業をすることが大半ですが、たまに1階のリビングにノートPCを持ち込んで作業をすることもあります。

 
そんな時にこの外付けキーボードは役立ってくれます(キーの質感がやや玩具っぽいのが唯一の難点ですが)。

 
ノートについているキーボードは入力しづらいんですよね。

 
ネイルアートをしていると、長い爪がやたらと引っかかりますし。

 
今まで色々なキーボードを使ってきましたが、これだけ安心して長く愛用できているのは青軸が初です。

 

 
これからもゲームや仕事をする時には、欠かせないパートナーでい続けてくれるでしょう。

 

 

 

債務整理の話も後程でやっていきたいと思いますね。

 

借金返済も!

遅ればせながらスマホに替えました!債務整理も少し

今年60歳になるおっさんです。

 
永年、ガラケーを使っておりましたが先日、娘と息子が新しいスマホの機種に替えたので、その古い機種を使えばどうだと言う事になり、夫婦そろって携帯ショップに行きました。

 

 
どんな御用ですかと聞かれ、夫婦そろってポケットから古いスマホを差し出して「これ、使えますよね」と言ったところ、使えるがキャンペーン中の新しい機種に替えた方が安くなるとの事。

 

 

二人して古いのより新しい方が安くなるのはなぜかと尋ねるものの、結局意味がわからず、とは言え、新しいものが安いのならそれにこしたこたあないわいと、ショップのお姉さんの言われるままに遂にスマホデビュー。

 

 

しかし、このスマホと言うものはデカいし使い勝手が悪いのなんの。

 

 

よく考えてみると私の場合、一日中、パソコンの前に座っているのですから、スマホのインターネット機能の部分はいらないわけです。

 
となると、このスマホで私の役に立つのは電話機能だけ。

 
結局、ガラケーと何ら変わりがないわけです。

 

 

それをぶつぶつ娘に言ったところ、娘、私のスマホをひったくって何やら操作し、ほいと返してくれて言うには「LINE、もう友達になったからね」。

 
ほう、これが巷で噂のラインかい、とスマホを覗いていると早速、ピッピと何やらかわいらしい音が鳴りはじめ、見ると息子やかみさんや息子の彼女の名前まで出てきます。

 

 
息子はおお、オヤジスマホデビューか!かみさんはライントモダチデスネとすべてカタカナ。

 

 

息子の彼女からも丁寧なご挨拶。そして娘は何やら動く絵を送って来てこれがシールよよ。おお、今どきのシールはちょこちょこ動くのか!と感嘆。よし負けじと返事だ!

 

 
パソコンの前に座り、スマホでシールの送りっこをするへんなおっさんのデビューでありました。

 

 

 

昭和から平成になって借金の取り立ての形も変わっている。

 

 

債務整理の話をすると暗くなるが、2016年は過払い金請求の年とも言える。

 

 

債務整理のデメリットは本当の意味ではメリットになりつつある。