オウルテックキーボード青軸は欠かせない仕事道具の1つ

私は数年前から、仕事用のキーボードにはオウルテックの青軸を使っています。

 
このキーボードのいいところは、打鍵感がサクサクしている点です。

 
従来の備え付けのキーボードよりも、軽いタッチで入力できるので全然指が疲れません。

 
以前父のPCを使って作業をしたことがありましたが、あまりにキーボードが固く3000字程度引っ切り無しにタイプしたところで指がつってしまうほどでした。

 
指のスタミナが昔よりも減ったように思いますが、それでも青軸を使っている限りは気にしなくても良い要素でしょう。

 
このキーボードは本来PCゲーのFPS用に買ったものでしたが、まさか仕事でもこれほど役立ってくれるとは思いませんでした。

 
入力する度にカチカチ音がするので人によってはうるさいと感じるでしょうが、作業スペースには私1人なので気兼ねなく音を鳴らせます。
青軸を使ってから、キーを入力することが益々楽しくなりました。

 
この感覚がクセになり、最近になって別のモデルを買ってみました。

 
同じオウルテック社製なのですが、新しいキーボードは青く光るLEDライトが搭載されています。

 
ライトをつけるとキーの印字が光るので、ちょっとしたインテリアにもなります。

 
自室で作業をすることが大半ですが、たまに1階のリビングにノートPCを持ち込んで作業をすることもあります。

 
そんな時にこの外付けキーボードは役立ってくれます(キーの質感がやや玩具っぽいのが唯一の難点ですが)。

 
ノートについているキーボードは入力しづらいんですよね。

 
ネイルアートをしていると、長い爪がやたらと引っかかりますし。

 
今まで色々なキーボードを使ってきましたが、これだけ安心して長く愛用できているのは青軸が初です。

 

 
これからもゲームや仕事をする時には、欠かせないパートナーでい続けてくれるでしょう。

 

 

 

債務整理の話も後程でやっていきたいと思いますね。

 

借金返済も!